B.I part2 「岡崎体育」

f:id:sunontopofthestone:20170514101804j:image

岡崎体育

 

岡崎体育「FRIENDS」Music Video - YouTube

 

FRIENDSというこの楽曲も含めてだが、岡崎体育の1つの特徴それはやたら前半の歌詞が良かったりサビだけは歌詞が良かったりするそのギャップである。

友達になれたなら出会いなんか覚えていなくても良いというのは意外と誰しもが少なからず思ったことはあるだろう。

その後てっくんとの語りでバンドの収入の話が出てディスり始めるわけだがこれはバンドへの嫉妬が根底にあるだけでお金で換算すれば分割になるからざまぁみろと言う一種の悪あがきでもあると思う。つまり、バンドを100%否定してるのではなく彼なりのバンドへの憧れや尊敬が見えている気がする。

 

岡崎体育 『感情のピクセル』Music Video - YouTube

 

これは次回のアルバムのリード曲にもなる作品だが、これには度肝を抜かれた。

前半岡崎体育らしからぬロック調のメロディでスタートしサビ前まで完全にカッコいい。

しかし、サビに入った途端、子供でも覚えられる可愛い歌詞を繰り出す。そして、ワニさんというカテゴライズの壁までも表現してしまう切ない部分も兼ね備えるという完成度の高さ。

小ネタを挟みつつかつ要所で締める作り方は岡崎体育の真骨頂といえるだろう。

また、バンドには各々のベクトルがありその信念の下で曲を作っているためこういう作り方はバンドの世界にやんわりとタブーとされていそうな気がしなくもない。

ただ言ってしまえば岡崎体育バンドでもないし、それは通用しない。この曲を出す前から他の楽曲で岡崎体育は何にも縛られないというのを知ってる誰しもが認識しているからである。

そんなので売れるわけないなんて思っていて作らなかった人がいるんであれば岡崎体育は自分の信念を曲げずにやってきた賜物であると逆に褒め讃えたい。

 

まだまだ隠し球を持ってそうな彼の次回のアルバムを早く手にしたいものである。

今の彼にはそうワクワクしかしない。

 

※全て筆者の観点から見たものです。