B.I part1 「mol-74」

mol-74

 f:id:sunontopofthestone:20170513235959j:image

Vo,Gt,Key(center) 武市 和希
Gt,Cho(right) 井上 雄斗
Dr(left) 坂東 志洋

 

最初に動画を見た時まずはバンド名から読めなかった。「モルナナジュウヨン?」とそのまましばらく読んでいたものである。

正式名称は

「モルカルマイナスナナジュウヨン」

 

mol-74 - % 【MV】 - YouTube

 

アコースティックの心地よい音とボーカルの透明感ある歌声から始まり、テンポの速い手拍子が交わる。2分27秒という曲としては短く感じるがmol-74の世界観が存分に詰まっている楽曲であると僕は思っている。

 

また、歌詞では

「ふたつとない ひとつしかない 僕らが描き始めたもの ふたつとない ひとつしかない 君にしか見えない 聞こえないもの」

と1人1人の人生の始まりを告げる歌詞がありそれはその人自身で得るもの感じるものがあるというこの時のmol-74というバンドの決意表明にもみえた。

 

mol-74 - light【MV】 - YouTube

 

「一瞬だって 一瞬だって 一瞬だって 光を見ていたい いっせいので僕達は目を開いたのに」

 

今の自分たちを象っているのかバンド自身の次のステージへ登るための第1歩、そして歌詞、曲名にもなっている光、lightを象徴するかのようにより音の透明感を追求した1曲に感じられた。

 

他の楽曲も含めてアコースティックやピアノを使い爽やかでどこか幻想的な澄み渡った情景の中で音楽を聴いているような感覚を作ってくれるmol-74の世界観を是非堪能してもらいたい。

 

 

このバンドを知ったのは今年に入ってからだが最近ではVIVA LA ROCK2017のCAVE STAGEに出演した。

ヤバイTシャツ屋さんを以前紹介した際、VIVA LA ROCK出演後うなぎのぼりに大型フェスへの出演が増えていった流れを見ると今回もこのmol-74にそれを期待したいしどこまでいくのか見ていたい。

 

 

 

※全て筆者の観点から見たものです。