プロ野球展望 〜ジャイアンツ〜

昨年2位でシーズンを終えたもののCSで横浜に敗れた巨人。

数年を見ている限り若手野手が育たず結果的にベテランの奮起に助けられて上位に食い込むというパターンが多い。
昨年に関してはシーズン初めは若手起用を試みるも結果的に阿部や村田などスタメンが中堅以上の選手のみで構成されているケースが多かった。ベテランであればあるほど年齢に対しての衰退は急に訪れる可能性は十分あるためいつまでもベテランに頼っている場合ではない。

 

日ハムからトレードで吉川、FAで陽、ソフトバンクから森福、DeNAから山口とFA宣言した選手を大量に獲得したがここでも問題はある。
陽は巨人入団にあたって台湾代表を辞退するも怪我で3軍調整。山口も3軍スタート。
特に山口は昨年DeNAで二桁勝利を収めたが競争の激しい巨人の中で生き残る精神力があるかは疑問である。DeNAではラミレス監督から託されたタスキは大きくそれが功を喫したと思うが、巨人ではほぼ当確の菅野、マイコラス、田口以外のローテに入って欲しいレベルであるため大きな期待というよりかはあわよくば二桁勝利的な部分での獲得は少なからずあったと思われる。
森福は安定した成績を望めるが左の中継ぎとして山口、戸根と競争は激しいだろう。
吉川は環境の変わった状況下で復活なるかといったところになる。

 

また、山口を獲得したことで平良、楽天・柿沢を獲得するために小山を出したことで余計有望株の投手を放出している。大田の放出は否めないが現段階では平良、小山、大田共に移籍先で良いアピールができている。
このまま放出したことが裏目にでなければ良いが…。

 

外国人では元楽天のマギーを獲得した。現場の評価も上々で開幕4番も期待されている。
昨年獲得したクルーズは怪我さえなければそこそこの活躍は期待できると思うが現場との相性の悪さが噂されており、起用については不確定な所がある。投手ではカミネロ、マシソンと速球派の中継ぎを持っているがマシソンはここ数年打たれているイメージが強くカミネロは蓋を開けてみないとわからない点が多い。野手では2年目となるギャレット。昨年24本塁打と外国人としては物足りなさを感じるがチーム唯一の長距離打者であったことは間違いない。

 

なんにせよFA選手、外国人選手の獲得でより若手にチャンスが減った。それを脅かすような存在の若手が出てこない限りは今年は良くても来年、再来年とベテランが増え、不良債権をかかえることになる。
そのバランスを考えて高橋由伸監督が上手く選手を回すことができるのかというところが今年の楽しみな部分だろう。

 

あとは澤村劇場さえなくなればチームの勝利はグッと近づくはずだ。