SMAP解散。

2016年12月31日

SMAPが解散すると正式に発表されました。

 

1月に解散報道が起きてその時自分もブログに書かせてもらいました。

 

ファンに向けたSTAYは何だったの?と。

 

半年経って話し合いをした中で決まった今回の解散。

まず、僕が感じたことはSMAPというものの存在は解散しても変わらないということです。

ただ、解散するに至っての経緯にすごく虚しさを感じます。

歳を重ねていく、時代が過ぎていく中で解散はいつでもありえたことだと思います。

その中で25年という長い間、偉大な存在であり続けたことは伝説に残ります。

そんな存在であるアイドルグループの幕閉めがSMAP全員が、ファンが納得した中での解散でないということ。

誰もが望んでいない結果で終わろうとしていること。

木村くんは「無念」「情けない」とコメントしているのを見ると悔しい思いが募っているのがわかります。

多数決で決まったという所ももはや全員が納得した中でのものではないというのが垣間見えます。

そもそも、事務所はSMAPに関しての発表を全てFAXで済ませるつもりなのでしょうか?

事務所からも本人達の口からも経緯を説明し質疑応答をすることさえもできないのでしょうか?

 

今、ファンの気持ちはどこへ向ければ良いのでしょうか?

購買運動が進んでいるのはSMAPに解散して欲しくないと願っているファンの数%と残された希望への投資です。

それをやっても届かないかもしれないとわかっています。

でも、何かが変わると信じて何かをすることは自由です。

それは事務所に届いていますか?

SMAPに届いていますか?

25年間会社に貢献し続けたSMAPをなんでこうも簡単に潰せることができるのでしょうか?

 

誰かは言います。

SMAPは歌が下手だとかダンスが下手だとか

番組は面白くないとか。

それでもSMAPは誰かのために歌い続け、 誰かのために踊り続け、番組をし続けたんです。

それが誰かに届き紡いでいったからこそ25年もアイドルとして君臨し続けることができたのではないでしょうか。

 

SMAPだって人間であり、事件だって起こしています。でも、それもファンの方々の強い思いがあったからこそ今に至っている部分はあるはずです。

 

ファンの気持ちさえもないがしろしにして解散なんてして欲しくないです。

 

彼らの25年が一瞬で終わることがないようにして欲しいです。

 

25年はもはやSMAPとファンで作ってきた栄光の軌跡だと思います。

 

だからSMAP全員が笑って解散を迎えられること、その延長で奇跡が起こってくれることを今はただ願うばかりです。