R-1 簡潔に

f:id:sunontopofthestone:20160307214342j:image


エハラマサヒロ
相変わらずうまいけど狙いに行き過ぎた感がありすぎた。笑いよりは演技での評価が高いんだよね。

・小島よしお
ピン芸にマリオネットを使ってあえて3人見せるのは新しい手法だったし、それが小島よしおのネタだから成立した感じがよかった。

もっと周りがついていけるようなネタだったらなぁと感じました。世界観は嫌いじゃなかったけど。

・サンシャイン池崎
イェイ主体の投げやりなところは好きだけど普通のネタは面白くない

モノマネをあえてモノマネないというセオリーに反し、かつやろうと思ってもみんなが踏み入れなかった危険な領域に敢えて踏み込んだのは本当にすごいとは思うけどピン芸に関しては技術ではない力技は個人としては好きではないので全く笑えなかった。まさにダンプカー。猪突猛進。

・おいでやす小田
ネタの構成は良かったけど興奮した時の言葉が聞き取りずらいところが点々と。

技術といったところではダントツ。ただそれをさらに笑いに変えるには少しコントっぽく見せるのも必要なのかなと。リアルだけでは程度がわかってしまう。

・ルシファー吉岡
出だしの下ネタもさることながらあまりにも面白くなかったので飛ばした。

・厚切りジェイソン
相変わらず言葉の選び方がうまい。
わかりやすかったし、普通に面白い。
でも普通に。だから。それ以上も以下もない。

・ゆりあんレトリィバァ
前回の方が数倍面白かった。
巨漢を揺らす踊りはいいとしてネタがゆる過ぎて大笑いがなかった。

・とにかく明るい安村
高校野球講座はいいとして実践をするならそれで長めなストーリーを見せて答え合わせの方が良かったんじゃないかな?って思いました。

・マツモトクラブ
内容、構成とも今回R-1のメンツの中では1番良かったんじゃないかと思います。笑いもそこそことれてたしオチもしっかりあって1つの「コント」してしっかり成立していた。総合的にいったら1位にしても良かったなぁ。


松本さんの言葉がニュースになってましたが
「人で笑うかネタで笑うか。今回は人」
それで良いの?って思ってしまいますけど判定は覆らないのでなにもできませんが。
本来はネタで笑うのが当たり前だと感じるのですが…。
どちらにせよ今回の審査員も全票ハリウッドザコシショウに入れてたりしてたのはよくわからないですし、12組もネタを淡々と披露するだけで全く評価を聞けない。なぜ全票入れたのかとか逆に入れてもらえなかった人達はなにが悪かったのかとか。そういう少し説得力のある話も審査員の口から聞けず投票のみが進行していくこのシステムには異議を申し立てたい。
個人的にはR-1に関しては凌ぎを削りに削って8組程でやってもらえると見やすいような気がします。

こんなこと徒然と書いていますが自分にはできないことをできるやっぱり芸人の方達を尊敬します。

ひとついえるのはザコシショウのネタは深夜に見てたら笑ってるんだろうなーっていうことです。

個人的には小島よしおにアッパレ。