M-1 考察


M-1GP2015

トレンディエンジェル優勝おめでとうございます。今回の結果に関しての感想を淡々と。

1.メイプル超合金 (サンミュージック)
トップバッターにしてはすごく良かったと思います。
ネタの作られ方もやっぱりキャラに合った作りで変人には変人ばりのボケがやっぱり似合いますね。そして、最後噛んでしまいましたね。前のM-1でオードリーの春日が噛んでも笑えていたのは若林が上手くフォローを入れることができたから。最後の最後でフォローも入れず、噛みすぎて諦めて終わってしまったところはもったいなかった。でも堂々たる立ち振る舞いでした。

2.馬鹿よ貴方は(オフィス北野)
彼ららしさといった部分では色濃くでていてミステリアスだったけれどちょっと角度をつけすぎて大丈夫の連発以降は馬鹿よ貴方はの世界だけが独走してしまいお客さんがついていけなかった。なによりも前順がメイプル超合金という部分でキャラ負けではないけれど印象に残るといえばメイプル超合金という形で軍配があがってしまった。

3.スーパーマラドーナ(よしもとクリエティブエージェンシー)
準決勝とほぼ同じネタだったので前回書いたの同じ感想です。笑


4.和牛(よしもとクリエティブエージェンシー)
結婚式から逃げたした女性への冷酷な揚げ足とりでしたが途中やっぱり飽きてしまうのは和牛もなんとなく淡々話が進んでるように見えてしまうからか。

5.ジャルジャル(よしもとクリエティブエージェンシー)
見ていて2人とも次言う言葉待ち、突っ込み待ちですごくそわそわしてるように見えてしまい漫才の自然さが全く見えなかった。
すごく作り込まれているのにどこか足りないと言ったらそこかな。点数的には噛まずに最後まであのネタをやることができたというのと変な言葉のボケで使っている言葉は悪くなかったからか。ただ、決勝も似たようなネタを持ってきたなと思いさすがに飽きて見るのを止めてしまった。

6.銀シャリ(よしもとクリエティブエージェンシー)
漫才の基本をしっかりとやっぱり銀シャリはもっているのでぶれなくやることができたのでは?
ただ、前の記述同様安定から1つの起爆剤となる部分をもつともっともっと良くなっていくと感じました。

7.ハライチ(ワタナベエンターテイメント)
岩井さんのボケのボキャブラリーがもう少しあがってくられば…澤部の表現力豊かなボケツッコミはハライチでしかできないもの、あとは自分で言ってて岩井さん笑わないことですよね。

8.タイムマシーン3号(太田プロ)
言葉を太らせるネタ。デブネタできたのをみるとやっぱり芯はしっかりもってたなと感じました。ただ、そこに付け加えられたのがガリネタも加わり、より一層2つが交わり上手く笑いを誘えていたと思います。順番的も功を奏して816点で惜しくも4位。個人的には1番面白かったけどなぁー。今回は優しいデブネタでした。

9.トレンディエンジェル
このコンビに関しては勢いとそれを切らさない力がやっぱりあると感じました。斉藤さんなくしてトレンディエンジェルではないと。ハゲネタ一本でここまでこれているのは漫才が始まってから終わりまで斉藤さんがフルスロットルであることが必須。ただ、ハゲネタと斉藤さんありきでは見ているこっちも「またか」と思ってしまう。結局の所は漫才の内容がまったく頭に入ってこず、「斉藤さん」で終わってしまう。



総括
全体的にやっぱり漫才のスタイルがどんどん十人十色化してきて本来あるべき漫才のスタイルがどんどん消えてしまっているのが凄く垣間見れた大会であった。
なにか昔のM-1を見直してしまいたくなるような。
本来昔の審査員会ならタイムやトレンディといったネタに関してはタブーな部分というかちょっとコンプレックスでもあるところ一点を突っつくものに関しては評価が厳しかった。今回はそういった部分なども評価に入れての点数のつけ方をしていた方が何人いたか。ただ面白いだけじゃないところでつけていた人が何人いたか。それが一番気になるところでした。敗者復活戦からサンドウィッチマンが優勝した際にオール巨人師匠が「なぜ彼らが決勝あがってこれなかったのか不思議だ」というのも考えるともとよりこの敗者復活戦というシステム自体廃止にするべきだと思ったりもします。決勝8組+1組 なら予選9位のさらば青春の光が入るではダメなんでしょうか。そして今回の視聴者投票は本当に面白かったから入っているのか、知ってる知らないで入れてる人が何人いたかにもよって大分変わってくるのではないでしょうか。やっぱり敗者復活をやるのであればもう少しシステムを考えた方が良いのではないかと思う。

最後になりますが最終的に自分のトップ3としては
1.タイムマシーン3号
2.銀シャリ
3.トレンディエンジェル
でした。