SMAP解散。

2016年12月31日

SMAPが解散すると正式に発表されました。

 

1月に解散報道が起きてその時自分もブログに書かせてもらいました。

 

ファンに向けたSTAYは何だったの?と。

 

半年経って話し合いをした中で決まった今回の解散。

まず、僕が感じたことはSMAPというものの存在は解散しても変わらないということです。

ただ、解散するに至っての経緯にすごく虚しさを感じます。

歳を重ねていく、時代が過ぎていく中で解散はいつでもありえたことだと思います。

その中で25年という長い間、偉大な存在であり続けたことは伝説に残ります。

そんな存在であるアイドルグループの幕閉めがSMAP全員が、ファンが納得した中での解散でないということ。

誰もが望んでいない結果で終わろうとしていること。

木村くんは「無念」「情けない」とコメントしているのを見ると悔しい思いが募っているのがわかります。

多数決で決まったという所ももはや全員が納得した中でのものではないというのが垣間見えます。

そもそも、事務所はSMAPに関しての発表を全てFAXで済ませるつもりなのでしょうか?

事務所からも本人達の口からも経緯を説明し質疑応答をすることさえもできないのでしょうか?

 

今、ファンの気持ちはどこへ向ければ良いのでしょうか?

購買運動が進んでいるのはSMAPに解散して欲しくないと願っているファンの数%と残された希望への投資です。

それをやっても届かないかもしれないとわかっています。

でも、何かが変わると信じて何かをすることは自由です。

それは事務所に届いていますか?

SMAPに届いていますか?

25年間会社に貢献し続けたSMAPをなんでこうも簡単に潰せることができるのでしょうか?

 

誰かは言います。

SMAPは歌が下手だとかダンスが下手だとか

番組は面白くないとか。

それでもSMAPは誰かのために歌い続け、 誰かのために踊り続け、番組をし続けたんです。

それが誰かに届き紡いでいったからこそ25年もアイドルとして君臨し続けることができたのではないでしょうか。

 

SMAPだって人間であり、事件だって起こしています。でも、それもファンの方々の強い思いがあったからこそ今に至っている部分はあるはずです。

 

ファンの気持ちさえもないがしろしにして解散なんてして欲しくないです。

 

彼らの25年が一瞬で終わることがないようにして欲しいです。

 

25年はもはやSMAPとファンで作ってきた栄光の軌跡だと思います。

 

だからSMAP全員が笑って解散を迎えられること、その延長で奇跡が起こってくれることを今はただ願うばかりです。

 

 

KAJALLA #1 「大人たるもの」

先日東京グローブ座にて見てまいりました。

出演者は左から…

f:id:sunontopofthestone:20160801225651j:image

小林賢太郎(ラーメンズ)

竹井亮介(親族代表)

・辻本耕志(フラミンゴ)

安井順平

片桐仁(ラーメンズ)

です。

 

こういった本当にシンプルに「コント」という枠組みでやるのは小林さんも久しぶりなのではないでしょうか?(ラーメンズでなければゴールデンボールズライブ以来)

 

ラーメンズが見せる「コント」

カジャラが見せる「コント」

何かが似ていてどこかが違う。

 

それはやっぱり小林さんならではの「世界」に染まった人達のそれぞれの形があるということ。

片桐さんと小林さんこの2人が見せてきたものは2人が織りなす世界がそれに際立って合っていから。2人の相性は本当にピッタリなんだと思います。

ただ、2人の世界から5人の世界になった時これはまた違ってきます。

小林さんと片桐さんでもできない演技がそこにはあるからです。その人にしか出せない味。

その各々の味を締めて調理するのが小林さんの今回の「カジャラ」に対する面白さなのかなと思いました。

辻本さんと竹井さんは小林さんとはもうすでに親交が深いでしょうからどんなことをすれば2人の良さが出せるか小林さんも分かっているでしょうし、安井さんとはどんな繋がりがあったのかはわかりませんが(昔、エンタに出てたのをしっかり覚えていますが)安井さんを調理するのも楽しかったことでしょう。

そして、実に7年振りの共演である片桐さん。

本当に「ラーメンズ」って存在した!!と興奮が鳴り止みませんでした。

なんというかラーメンズを好きになったのも後の方だったのでライブに行きたい!!と思った頃には活動をしていませんでした。(泣)

そんな2人が一緒に舞台の上でコントをやっている!!それだけで嬉しかったです。

そして、7年振りでもお二人は本当に仲が良く見えてある種ブランクを感じさせない2人のコンビネーションというか、雰囲気が良かったです。

 

全体的なネタの形をみても「大人たるもの」と題した通り、すごくスタイリッシュではあったと思います。スタイリッシュという言葉の使い方があっているかわかりませんがこう余計な部分がすごく切り落とされているような。

ただ、遊び心は忘れていないような。

 

小林さんのコントは本当に空間を笑いに繋げるのが上手いと思いました。

動きと間。言葉遊び。そして起承転結。

あからさまなボケ!!ツッコミ!!ということではなくてあくまでそのストーリーに存在する会話、行動の中で笑いを生む。

気づいたら笑っている。

 

もうその連続でした。

改めて小林さんの「コント」に対する考え方を眼の前で見せられ魅せられ観せられました。

何度行ってもこの「カジャラ」飽きないと思います。

 

上手くまとまっているかわかりませんが

「カジャラ」

本当に素晴らしい作品でした。

 

 

 

日本で一番悪い奴ら

f:id:sunontopofthestone:20160718235022j:image

 

本日三連休の最終日ということで観てきました。

 

いやー面白かった!!

実在した話だと冒頭で書かれていましたが、本当に実在するとなるとこの時代はこういった事をしていかなければならない程混沌としていたのかなと感じました。

 

平和な世界なんて夢物語、綺麗事。

情報が戦略が裏切りが物を言う。

のし上がるとはそういうことなのか。

違法捜査でホシを挙げることが果たして正義だったのか。

違法捜査でチャカを押収するのが正しいやり方なのか。

 

これとは関係なく警察官が犯罪を犯すことも多くなってきたこの世の中で「警察」という組織に属している者達が本当にどこまで信念に乗っ取ってやれているのか。
そんなことをふと思わせる映画でもありました。

 

ただ、道警もあそこまで話に乗っかっておいて黙ってるというのもまた警察の裏が見えたり、結果、関係者は捕まらずじまいだったりで終わりは闇に葬り去られてしまったようですしなんとも言えない終わりでしたね。

 

本当に綾野剛の演技が上手いな!!って思いました!!

前回も64でも出演していましたがそれは打って変わっての荒ぶる警察官の役。

絶頂から転落までの1人の男の人生を見事に演じていました。

特にシャブに手を出すシーンは圧巻だと思います。あんな顔を綾野剛がしていいのか!!というぐらいのカオスなシーンでした。

 

とにかく綾野剛の演技の魅力詰まってたと思います。

 

EDがスカパラfeat. Ken yokoyamaでかっこ良かったけどもっとロックな曲でもよかったなー。笑

 

 

 

 

 

 

 

 

久々に続いてほしいと思った番組「内村てらす」

なんだかんだと久しぶりの更新ですね。

 

昨日は選挙でした。

僕もない頭を使いながら投票にいきました。

でも自分自身もう少しお笑いと音楽以外にもしっかり世のことに関心をもたいなといけないなと感じた次第です。

 

話は変わりますがみなさんどんな番組を見ますか?

 

ドラマ、バラエティ、ニュース、スポーツ、音楽とカテゴリ分けしたらキリがありませんが。

 

僕の日記をチラッと見てもらった方はなんとなく僕が見そうな番組がわかると思いますが、意外と僕はテレビを見ません。

ましてや録画してみるなんてことも稀です。

(父親が録画した番組は見たりしますが)

 

アメトーークとかロンハーとかしゃべくり007とかバラエティに特化した番組が数多く存在しますが、僕はバラエティにはあまり興味がなくて純粋なコントや漫才をする番組が好きなのです。無論、テレビをつけてやってたら見たりはしますが別に好んで見ようとはバラエティ番組に対しては思いません。

 

ただ、そんな僕ですが最近は毎週欠かさず見ている番組があります。

それは「内村てらす」です。

f:id:sunontopofthestone:20160712005736j:image

1組の芸人にスポットを当てる2週構成の番組です。

 

なんというか今まで1組の芸人を紹介するといった番組ってなかなかなかったと思うのでとても新鮮にみれます。

各々の結成秘話だったり、また友人芸人の裏話だったりと芸人さんの知らない面を見ることができてとても面白いし、MCが内村さんというところで番組の雰囲気が丸く、ゲストも話しやすさがすごくででいます。

それにプラスネタを1つ見れるのですごくバランスの良い形で番組が進むので飽きないですね。

 

今回は東京03ですが、サンドウィッチマンだったりロバートだったり、ナイツだったりと中堅が多いかと思えば、馬鹿よ貴方はとメイプル超合金など若手も出る機会があったりして若手の方達にもそれなりにチャンスがあって良いかなと。

 

ネタが番組が減っている中、1組の芸人を紹介するのに30分×2週なんてなかなかこのご時世できないことだと思います。

 

あとはこの番組がゴールデンに進出なんてことのないように願うばかりです。

 

「内村てらす」は

毎週金曜日1:29〜1:59

日本テレビ系で放送しているので是非見てみてください♪

 

 

 

 

ザ・ギース 単独11回単独ライブ トロピカリア

本日はザ・ギース第11回単独ライブ

トロピカリアを観賞しました。

f:id:sunontopofthestone:20160628231942j:image

場所は上野ストアハウス。

 

ちょっと上野駅から出るのが大変で、出たところが小劇場まで距離のあり、大変でしたが、まぁなんとか時間に間に合い当日券を購入。

 

率直な感想を言うと

第10回ライブ「正しいピクニックのやり方」

第9回ライブ「ロイヤルストレートフラッシュバック」

 

の時の方が面白かったです。

今回のネタ順は僕的にはクレッシェンドのようにだんだん仕上がってるネタをもってきたような感じで後へ後へ行く度にギースの味と面白さが伝わってくるようでした。

 

ただ、そこにいきつくまでのネタがなんとも弱すぎて非常にもったいないなと。

 

尾関さんのキャラの振り幅と高佐さんのメリハリのある演技は変わらず良かったのですが…

 

でもこれでなんだかんだいって3度目のギースの公演観覧。ギースが嫌いだからいってるのではなくギースを応援してるからこそ期待してるからこそちょっと厳しく評価してみました。

 

無論、今後もギースのライブは行くつもりですし、自由度の高いギースのネタはライブでしかみれないのでそれはそれですごく楽しみなのです。(ギースの一発ギャグ合戦はライブでしかみれませんし…笑)

 

 

 

 

ラーメンズ+大泉洋

突然なにかと思えばこんなタイトルで始まります。
無論、わかっているかたもいらっしゃると思いますが。

www.cinra.net

まぁつまりはこうです。笑

僕にとってはラーメンズ大泉洋も大好物なわけでして・・・
こんな豪華なことがあってもよいのかと・・・
今回はラーメンズ二人だけのネタはあるのかな・・・
辻本さん、竹井さん、久ケ沢さんとかもうオールスターじゃん・・・
西田さんは?野間口さんは?森谷さんは?

と色々妄想を膨らませながら時を待つ日々でございます。

大泉さんは「水曜どうでしょう」、「TEAM NACS」という肩書を経て今や売れっ子俳優となっています。(ドラマは当たらないですが映画は大当たりします。笑)

一方、ラーメンズは2009年の第17回公演「TOWER」を最後に共演がなく、小林さんはソロコントを中心に、片桐さんは舞台を中心に活動していきます。
ただ、昨年あたりから片桐さんをテレビでちらほらみるようになりました。(もっと前に出てたとしてもWOWOWドラマだったり、深夜ドラマだったり、コックローチだったり・・・)

今年に至っては松潤主演の「99.9 ‐刑事専門弁護士‐」でレギュラーとして出演しています。その効果もあり、片桐さんへの注目度もあがってきているようです。

しかし、現代の人は片桐さんが「ラーメンズ」というコンビ、いわば芸人であることを知らないというのを某有吉・桜井の夜会で観てびっくりしました。

今後は片桐さんだけでなく相方・小林さんの名を調べてもらいテレビ出演はともかくその認知度だけでも上がってほしいものです。


さて今回はラーメンズの7年ぶりの共演、ラーメンズ大泉洋の共演を記念して
僕的ラーメンズベストコントトップ3と僕的水曜どうでしょうベスト企画トップ3を紹介したいと思います。

まずはラーメンズのコントから

第3位
採集

www.youtube.com

とある田舎の中学校の体育館倉庫での出来事。プリマが中学時代のマドンナに会うために東京から帰省し、迎えにいってくれるジャックとその前に卓球をするとこから始まります。思い出話に花を咲かせていた二人だがジャックがマドンナを迎えにいきプリマが一人になると事態は急変する・・・

ラーメンズのコントのなかでもすごくシリアスかつ繊細につくられているコントだと思います。二人の演技もそうですが一人になったプリマの時間はもやは小林賢太郎の魅力がたっぷりつまっています。コントという幅に捉われないラーメンズの狂気性が垣間見えました。」

 

第2位
金部

www.youtube.com

 

学際の費用を稼ぐために交通量調査のバイトをする金部の部長と副部長。
儲け話を考えながら作業するが・・・。

「片桐さんのバカキャラが目立ちつつ小林さんの冷静キャラがしれっと変なことをするバランスのとれた面白さがある作品だと思います。この世界観を(お金)というひとつのカテゴリから広げられるところがすごいと感じました。」

 

第1位
小説家らしき存在

www.youtube.com

小説家・常居次人(つねいつぐと)の原稿書き上げに立ち会った編集者だったが眠気が襲ってきてしまう。そこに小説家・常居次人が編集者の目が覚めるように小話をするがその中にとんでもない真実が・・・

ラーメンズにとっては14分はまだ短いタイプのコント14分にしっかりと起承転結がなされてる作品。どんなものにせよラーメンズの終わり方には惚れ惚れしちゃいます。」

 

テレビで見る芸人さんのコントとは違って形に捉われないラーメンズのコント。

僕の中ではコントの世界観が180°変わってしまいました。

ラーメンズ入門編としましては「零の箱式」がおススメです。

 

続いて大泉洋出演の水曜どうでしょうベスト企画トップ3です。

 

第3位
対決列島~甘いもの国盗り物語

www.youtube.com

 

日本列島を舞台に各都道府県の行く先々で甘いものを食べるという企画。

この企画はどうでしょうレギュラー放送でも最後の方にあたります。

この企画では安田さんがなかなか味を出しており、また後半は騙し騙されという

甘いものを食べるだけなのにこんなにもドラマがあるのかというぐらい飽きない企画でした。

 

第2位
日本全国絵ハガキの旅

www.youtube.com

ランダムで選んだ絵ハガキの風景に写るために日本全国津々浦々回る企画。

基本的には長く続く企画が多いどうでしょうですが、この企画ではたった一枚の奇跡によって事態が急変します。この一枚の奇跡があるからこそ僕は好きです。

第1位
シェフ大泉夏野菜スペシャ

www.youtube.com

どうでしょうファンの大半はこの企画を1位にもってくるではないでしょうか?笑

どうでしょうではおなじみシェフ大泉が夏野菜を使って料理を作る企画。

初めから料理を作ると思っている大泉さんの気持ちを何度も裏切るミスターとD陣。

大泉さんもついに堪忍袋の緒が切れ、どうでしょう史上最高の名言が生まれます。

大泉さんの怒りがたくさん詰まった企画です。

 

 

興味がわいてきた方は調べて見てください。
そして6月26日放送の「小林賢太郎テレビ8」をご覧ください!!

 

 

うしろシティ単独公演 「すばらしく眠い」

f:id:sunontopofthestone:20160612010140j:image

 

うしろシティ単独公演「すばらしく眠い」観てきました。

場所はシアターサンモール。

新宿御苑駅からはすぐなのですが新宿駅付近でちょっと遊んでから行きました。新宿駅からは割と遠い感じがしましたが、楽しい会話しているうちにあっと言う間に着きました。

最近ネタ番組も減ってきていてうしろシティのネタもテレビで観れなくなってきていたので全て新鮮に観れました。

 

うしろシティのネタといえば阿諏訪さん主体のめんどくさいキャラと金子さん主体のぶっとびキャラ、そして緻密な2人の掛け合い。この3つを分けてネタを作っているイメージがします。

最初のネタは阿諏訪さんキャラ主体でしたが阿諏訪さんの雰囲気に本当に合ってて1本目のネタから大爆笑でした。OPはALの「HAPPY BIRTHDAY」で曲の選曲もすばらしい…

 

AL

HAPPY BIRTHDAY

HAPPY BIRTHDAY

  • AL
  • J-Pop
  • ¥250

そして映像内の金子さんと同じ服をもっていることに気づきちょっと親近感を感じつつ曲に酔いしれながらOPを拝見。

ネタの内容はあまり言えませんが今回は2人が演じるキャラがすごく輝いていました。個人的には金子さんのキャラ本当に変幻自在だなと。

特によくうしろシティのキャラで出てくる金子さんのサングラスおじさん。今回もサングラスおじさんでのコントがひとつありましたがそれにはもう号泣する程笑ってしまいました。あまりにもぶっ飛びすぎてて。笑

そして、コントライブではよくあるネタとネタが繋がっていたりもしていましたが、思わぬハプニングも…笑

ただそれにも柔軟に対応していたうしろシティ!!すごい!!すごすぎるぞ!!

ED後に1本短いコントが入って本ED。

ここではTHE ラブ人間の「砂男」

砂男

砂男

選曲が渋い!!渋いぞ!!

いや本当にもう一度観に行っても損はないですね。それぐらいネタが全てしっかりしていました。うしろシティ今年こそキングオブコント優勝してもらいたいです。

次はどの芸人さんのライブ行こうかな。