B.I part3 「フレンズ」

f:id:sunontopofthestone:20170514221935j:image

フレンズ

おかもとえみ:Vo
ひろせひろせ:Key&Vo
三浦太郎:Gt
長島涼平:Ba
SEKIGUCHI LOUIE:Dr

 

フレンズ「夜にダンス」 - YouTube

 

音楽としては少し古めに感じる部分もありつつ、体を激しく乗せるようなダンスミュージックというよりは少し横に揺らすような感覚で聴けるシティポップ系バンドの新勢力とでもいえるだろう。この楽曲はまさにそれである。

なんといってもおかもとえみさんの声が本当に綺麗。(完全にそれに魅了されました。笑)

ポップだけどポップ過ぎず、そして大人な感じを残しバンドという母体を忘れていないメロディラインがたまらない。

僕は昨年知ったこのバンド。皆それぞれバンドを持っていた、持っているメンバーが集まり結成された。

 フレンズ「Love,ya!」 - YouTube

 

明るく作られているこの曲はさっきとは逆にすごくポップで恋愛の一部始終みたいなところを切り取っていて可愛く仕上がっている感じ。

基本的にはおかもとえみさんとひろせひろせさんが歌うことが多いですが僕がさらに驚いたのはGtの三浦さんの歌声!!生でも聴いたことがありますが三浦さんの声質も本当にバンドのコンセプトに合っていてたまに歌うじゃもったいない!!笑

 

ちょっとでもこういうバンドも聴いてみようかなって思って聴いた人をすぐにでも虜にできるようなそんなバンドだと僕は思っている。

 

今後の活躍に期待。

 

 ※全て筆者の観点から見たものです。

 

B.I part2 「岡崎体育」

f:id:sunontopofthestone:20170514101804j:image

岡崎体育

 

岡崎体育「FRIENDS」Music Video - YouTube

 

FRIENDSというこの楽曲も含めてだが、岡崎体育の1つの特徴それはやたら前半の歌詞が良かったりサビだけは歌詞が良かったりするそのギャップである。

友達になれたなら出会いなんか覚えていなくても良いというのは意外と誰しもが少なからず思ったことはあるだろう。

その後てっくんとの語りでバンドの収入の話が出てディスり始めるわけだがこれはバンドへの嫉妬が根底にあるだけでお金で換算すれば分割になるからざまぁみろと言う一種の悪あがきでもあると思う。つまり、バンドを100%否定してるのではなく彼なりのバンドへの憧れや尊敬が見えている気がする。

 

岡崎体育 『感情のピクセル』Music Video - YouTube

 

これは次回のアルバムのリード曲にもなる作品だが、これには度肝を抜かれた。

前半岡崎体育らしからぬロック調のメロディでスタートしサビ前まで完全にカッコいい。

しかし、サビに入った途端、子供でも覚えられる可愛い歌詞を繰り出す。そして、ワニさんというカテゴライズの壁までも表現してしまう切ない部分も兼ね備えるという完成度の高さ。

小ネタを挟みつつかつ要所で締める作り方は岡崎体育の真骨頂といえるだろう。

また、バンドには各々のベクトルがありその信念の下で曲を作っているためこういう作り方はバンドの世界にやんわりとタブーとされていそうな気がしなくもない。

ただ言ってしまえば岡崎体育バンドでもないし、それは通用しない。この曲を出す前から他の楽曲で岡崎体育は何にも縛られないというのを知ってる誰しもが認識しているからである。

そんなので売れるわけないなんて思っていて作らなかった人がいるんであれば岡崎体育は自分の信念を曲げずにやってきた賜物であると逆に褒め讃えたい。

 

まだまだ隠し球を持ってそうな彼の次回のアルバムを早く手にしたいものである。

今の彼にはそうワクワクしかしない。

 

※全て筆者の観点から見たものです。

 

 

 

B.I part1 「mol-74」

mol-74

 f:id:sunontopofthestone:20170513235959j:image

Vo,Gt,Key(center) 武市 和希
Gt,Cho(right) 井上 雄斗
Dr(left) 坂東 志洋

 

最初に動画を見た時まずはバンド名から読めなかった。「モルナナジュウヨン?」とそのまましばらく読んでいたものである。

正式名称は

「モルカルマイナスナナジュウヨン」

 

mol-74 - % 【MV】 - YouTube

 

アコースティックの心地よい音とボーカルの透明感ある歌声から始まり、テンポの速い手拍子が交わる。2分27秒という曲としては短く感じるがmol-74の世界観が存分に詰まっている楽曲であると僕は思っている。

 

また、歌詞では

「ふたつとない ひとつしかない 僕らが描き始めたもの ふたつとない ひとつしかない 君にしか見えない 聞こえないもの」

と1人1人の人生の始まりを告げる歌詞がありそれはその人自身で得るもの感じるものがあるというこの時のmol-74というバンドの決意表明にもみえた。

 

mol-74 - light【MV】 - YouTube

 

「一瞬だって 一瞬だって 一瞬だって 光を見ていたい いっせいので僕達は目を開いたのに」

 

今の自分たちを象っているのかバンド自身の次のステージへ登るための第1歩、そして歌詞、曲名にもなっている光、lightを象徴するかのようにより音の透明感を追求した1曲に感じられた。

 

他の楽曲も含めてアコースティックやピアノを使い爽やかでどこか幻想的な澄み渡った情景の中で音楽を聴いているような感覚を作ってくれるmol-74の世界観を是非堪能してもらいたい。

 

 

このバンドを知ったのは今年に入ってからだが最近ではVIVA LA ROCK2017のCAVE STAGEに出演した。

ヤバイTシャツ屋さんを以前紹介した際、VIVA LA ROCK出演後うなぎのぼりに大型フェスへの出演が増えていった流れを見ると今回もこのmol-74にそれを期待したいしどこまでいくのか見ていたい。

 

 

 

※全て筆者の観点から見たものです。

 

 

 

音楽の素晴らしさと。

最近いや今年に入ってから改めて音楽の素晴らしさを感じることができるようになった。

 

日々何事もなくしていれば何事もないいたって平和な毎日を過ごせると思っていた。

 

でも、不思議なものでここ数年そう過ごしてきていたはずなのに何か心に引っかかったり、社会の疲れかストレスを感じるようになった。

 

その時に改めて様々な音楽が僕を救ってくれて励ましてくれて後押ししてくれて。

 

だから、僕はこれからも色んな音楽、好きな音楽を浅い知識しかないけれどずっと聴いていきたい。

 

この前のライブも各バンドの思想や意思は全て違うけれど自分達を貫くその姿勢はやっぱりどんな形においてもかっこよかった。

 

こういう人だからこそこういう音楽が生まれていくというものが生のライブは感じることができた。

 

そう、人柄が音楽に出ていた。

 

これからもアーティストのみなさんかっこよくあり続けてください。

 

 

プロ野球展望 〜ジャイアンツ〜

昨年2位でシーズンを終えたもののCSで横浜に敗れた巨人。

数年を見ている限り若手野手が育たず結果的にベテランの奮起に助けられて上位に食い込むというパターンが多い。
昨年に関してはシーズン初めは若手起用を試みるも結果的に阿部や村田などスタメンが中堅以上の選手のみで構成されているケースが多かった。ベテランであればあるほど年齢に対しての衰退は急に訪れる可能性は十分あるためいつまでもベテランに頼っている場合ではない。

 

日ハムからトレードで吉川、FAで陽、ソフトバンクから森福、DeNAから山口とFA宣言した選手を大量に獲得したがここでも問題はある。
陽は巨人入団にあたって台湾代表を辞退するも怪我で3軍調整。山口も3軍スタート。
特に山口は昨年DeNAで二桁勝利を収めたが競争の激しい巨人の中で生き残る精神力があるかは疑問である。DeNAではラミレス監督から託されたタスキは大きくそれが功を喫したと思うが、巨人ではほぼ当確の菅野、マイコラス、田口以外のローテに入って欲しいレベルであるため大きな期待というよりかはあわよくば二桁勝利的な部分での獲得は少なからずあったと思われる。
森福は安定した成績を望めるが左の中継ぎとして山口、戸根と競争は激しいだろう。
吉川は環境の変わった状況下で復活なるかといったところになる。

 

また、山口を獲得したことで平良、楽天・柿沢を獲得するために小山を出したことで余計有望株の投手を放出している。大田の放出は否めないが現段階では平良、小山、大田共に移籍先で良いアピールができている。
このまま放出したことが裏目にでなければ良いが…。

 

外国人では元楽天のマギーを獲得した。現場の評価も上々で開幕4番も期待されている。
昨年獲得したクルーズは怪我さえなければそこそこの活躍は期待できると思うが現場との相性の悪さが噂されており、起用については不確定な所がある。投手ではカミネロ、マシソンと速球派の中継ぎを持っているがマシソンはここ数年打たれているイメージが強くカミネロは蓋を開けてみないとわからない点が多い。野手では2年目となるギャレット。昨年24本塁打と外国人としては物足りなさを感じるがチーム唯一の長距離打者であったことは間違いない。

 

なんにせよFA選手、外国人選手の獲得でより若手にチャンスが減った。それを脅かすような存在の若手が出てこない限りは今年は良くても来年、再来年とベテランが増え、不良債権をかかえることになる。
そのバランスを考えて高橋由伸監督が上手く選手を回すことができるのかというところが今年の楽しみな部分だろう。

 

あとは澤村劇場さえなくなればチームの勝利はグッと近づくはずだ。

 

 

 

 

M-1 GP 個人的総評。

これはあくまで僕の見解であるので悪しからず。笑

 

1.アキナ 90点

トップバッターにしてはものすごく落ち着いてネタを披露していた。ネタもアキナらしい言葉の表現が満載だった。アキナの好スタートによって次の人達へのプレッシャーといい幕開けとなったと思う。相変わらずトップバッターは基準点となってしまうのがかわいそう。


2.カミナリ 89

訛りと独特な間から織りなす川柳のネタ。

こちらも初出場ながらも落ち着いてネタができていた。終わり方とネタひとつひとつのパンチ力に少し物足りなさを感じた部分がアキナと差が出た。


3.相席スタート 92点

上沼恵美子も話していた通り、男女漫才の特徴を上手く活かせることができていたと思う。

ただ、主題である「振っちゃった〜」までのフリが少し長かった。その主題にもっていくまでのフリのボケが主題よりウケていた所が勿体無い気がした。


4.銀シャリ 96点

毎年ネタのチョイスに泣かされていた部分もあっただけに今回は前の3組を圧倒するような漫才中の漫才と見せた。橋本さんのツッコミも流石だったし、個人的に良かったのは鰻さんの「レーはレ?」の表情の切り替えでした。

老若男女問わず笑わせられるわかりやすいネタでもあり、3年連続出場の実力を見せたといった感じ。 


5.スリムクラブ 85点

スローテンポな漫才ほど間と空気感が大事になっていくはずなのに真栄田さんはネタのスタートから少し笑ってしまっていて、ネタの空気感が少し崩れてしまった。前回出たとき程のパンチ力もあの異様な間も感じられず個人的には期待してただけに残念。


6.ハライチ 90点

RPGの初期設定の受け答えで初期設定がおかしくなっていくネタでしたが、M-1にハライチが出た時のネタで1番面白かったかも。澤部さんの感情表現とツッコミは本当にハライチの生命線なので来年も決勝に残ってさらに進化したハライチを見てみたいと思った。


7.スーパーマラドーナ95

年々の伸び率が半端じゃない。

オチまでの引っ張り方もうまくて武智さんのツッコミにもキレがあった。昔よりも舞台上を大きく使うようになったことでよりネタの幅が広くなったのかなと思う。銀シャリと甲乙つけがたいが「漫才」という点では個人的に掛け合いが好きなので1点の差をつけました。

 

8.さらば青春の光 93点

去年の予選第9位で予選通過を惜しくも逃したけれど今回の出場はこれぞさらば青春の光だというのを審査員に視聴者に見せつけることができたと思う。むしろ、能、浄瑠璃というあまり馴染みのないワードを巧みに使って笑いに変えられる所こそさらば青春の光の才能が溢れでていた。個人的には最終決戦に行ってもおかしくないレベルではあった。

 

9.和牛 95点

昨年のM-1の彼女の心を無視するネタがあまり肌に合わなかったので今回はどうかなと思ったけれど今回は一転して彼氏がおかしな人という設定でのネタ。敗者の勢いそのままにテンポも勢いもあって前のさらば青春の光を喰ったようなそんな感じでした。やっぱり敗者復活が放送作家などの評価ではなく視聴者投票だけあって単純に面白いという評価で上がってきているのでそこはものすごく強みなのではあると思う。

これに関しても銀シャリと甲乙つけがたかったがスーマラ同様の点数評価となりました。

 

 

ROCK IN JAPAN 2016 8/13

 

ついに初参戦!!RIJF2016!!

エセ音楽通の自分ではありますがやっと大型フェスに行くことができました!!

しかし、朝9時ごろに着いたにも関わらず、グッズのサイズがなかったりと大変でした。

並んでいる間にもう「マイファス」始まってるし、でも歌上手すぎて鳥肌が立ちました。並んでいても楽しめる!!これ最高ですね。

グッズも買って着替えてまずはクリープハイプへ。

フェスだから最初からギア上げていくだろうと思いきや「バブル、弾ける」からスタート。スローテンポな曲で会場を虜にしてました。
そっから尾崎さん節が飛び出しつつ徐々に上がる曲を披露。
最後の「HE IS MINE」
何万人で「SEXしよう!!」って叫ぶあの姿はエロの向こう側へ行ってました。笑
今回はなんといってもカオナシさんの唄声を聞けてよかったです。
尾崎さんの声とメロディに乗せられて耳に飛び込む曲はほんと絶妙にエロい。
新曲の「鬼」も聞けて初フェスのスタートとしては大満足でした。

昼食後はKANA-BOON
「ないものねだり」から始まり、最後の「ダイバー」まで立て続けににアップテンポな曲披露。後ろでついつい歌って踊ってしまいました。
昼過ぎた一番熱い時間帯でしたが熱も飛ばすステージでした!!

そして[Alexandros]
なんというか川上洋平って男から見ても「カッコイイ」ですね。
というよりもあそこまで存在感というかパワフルに歌い、乱れないあの姿勢。
そりゃもう俺たちはアーティストの中のアーティストだっ!!っていう感じがすごかったです。
なんというかカリスマ性があるってことですよね。
ただ、まだまだ自分は勉強不足でした。
もとより[Champagne]時代の曲もっと聴かなきゃ本当に「エセ」だなって思いました。
でもそんな中でも観客が一体となって大合唱するあの時間は忘れられない思い出となりました。

残りの時間は写真撮ったり、ごはん食べたりまったりとしました。
初のロッキンでしたがほんとに楽しい時間を過ごすことができてお盆休み充実しました!!(ロッキンはしゃぎすぎて夏バテで一日布団の上にいましたが・・・笑)